バンカー6 バンカーショットは、クラブを地面から浮かせて構える

バンカーショットを打つ際に、芝の上から普通に打つのと同じように打てば良いのではないかと疑問に思われるかもしれません。

もちろん、普通に打っても問題ありませんが、その普通に打つのが難しく、特殊な打ち方(エクスプロージョンショット)をせざるを得ない状況なのがバンカーでございます。

バンカーの前面は、たいてい高い壁になっており、普通に打ってトップすると、ボールが壁につきささってしまいます。

また、表面の砂はまったいらではありませんので、クラブがわずかでもボールの手前の砂にあたってしまうと、力がうまくボールに伝わらず、バンカーから脱出することができません。

バンカーショットが難しいのは、かまえるときに、クラブを地面に接地することができない点もあげられます。

クラブヘッドを空中にうかせて構えなくてはならないので、本来ダフらせて打ちたいのに、トップがでやすい状況になります。

ダフりやすいように、左足を深く埋めて左サイドを低く構えたり、あらかじめ肘を曲げけ構えて、インパクトときに遠心力で腕が伸びるようにする打ち方もあります。

バンカーショットは、砂の表面がきれいな状態でも難しいのに、足跡(あしあと)の中にボールが入ったりすると、クラブがボールの下まで届かなくなり、ものすごい高難度のショットになってしまいます。

バンカーから出るときは砂をならして、後から来た人が、気持ちよくイコールコンディション(公平な条件)でプレーできるようにするのがマナーでございます。