バンカー7 バンカーショットは、下回りスイングでヒールから地面に着地すると簡単

バンカーショットはバンスを使って、砂ごとエクスプロージョンショットでボールを運びます。

わざとダフらせて打つ際に、バンスから着地させると、ヘッドが地面の深くにもぐりにくくなり、作用反作用の法則によりボールが上にあがります。

エクスプロージョン(爆発)ときくと、右手の手のひらで、地面をぶったたくようなイメージをもってしまいがちですが、小指で空手チョップをするようにクラブを動かします。

いわゆる、右回り(下回り)といわれるスイングだと、小指の方からインパクトしやすくなります(バンスが使いやすくなります)。逆に、上回りスイングだと右手の手のひらが地面に向かっていってしまいます(フェースが地面に向かってしまいます)。

バンスは、ヒール側を使うのがポイントです(ヘッドの手前側です)。

ヒールを使うためには、右手が左手の上を回らないように、右手を左手の下にしたまま、グリップエンドを左足につきさすようなイメージでクラブを振ります。

フォローは、右手が左手を下から追い越して、フェース面が顔を向くような形でフィニッシュとります。