シャフトを立てるとは?⑤

insideout_1224

画像はPRGRサイエンスフィットから引用させていただきました。シャフトが立っていない例です。

シャフトを立てるというのは、ダウンスイングでローテーションすることを言います(左腕を外転することを言います)。

グリップエンドに対してヘッドの位置が相対的に上昇する(シャフトが起き上がる)ことを意味します。

ダウンスイングでは、ヘッドは(グリップエンドに対して)相対的に上昇しますが、腕全体は下りてくるので、ヘッドの絶対的な軌道は下降軌道を描きます。

ゴルフ初心者の頃は、アウトサイドインのスライサーから始まり、それをきらって、ヘッドを背中側に落としてフックで飛ばす自称上級者さんになります。

シャフトが寝るというのは、ダウンスイングで、左手の甲が上を向いている状態のことをいいます。

シャフトが寝ているのを修正するために、「左手をローテーションして、上を向いた甲を横にしましょう(親指を立てる方向に回転しましょう)」というのが、コーチがよく言う「シャフトを立てる」という意味でございます。

では、アウトサイドインの人が「シャフトを立てる」とどうなるのかは、明日お話させていただきます。

先に答えをいってしまうと、アウトサイドインだとシャフトを立てられないのですが・・・

 

hogan_1224

「バックスウィングのプレーンは、”ボールの位置を起点として”、肩を越えてせりあがる斜面である」。ホーガンプレーンの線を、クラブのネックから引いている方がいますが、それは間違いです。「ボールの位置を起点にする」のが正解でございます。