シャフトを立てるとは?⑥

89f7b5c6d2b2086e3c609b565178ce95-e1369631305761

シャフトを立てる効果が大きいのは、スイングプレーンが超インサイドアウトの人でした。

昔は、超インサイドからあおるように打っていた人が多かったのですが、ハイスピードカメラがなかったのでしょうがありません。。

逆に、アウトサイドインの人は、クラブがどのように動いているかというと、

・ダウンスイングの直後にキャストしてしまって、
・手首が伸びた状態で、外から大回りをしながら、
・インパクトに向けて鋭角的に上から下にヘッドが下りてきます。

鋭角的にヘッドが下りるために、トゥダウンも大きくなります。そしてフェースの先端ですくい打ちのインパクトになってしまい、コスリ球となります。

アウトサイドインの方が普通にインパクトすると、当然のことながらボールが左に打ち出されます。

左に行くのは嫌なので、それに対処しようとして、逆回転のローテーションをしてしまいます。

左腕を、インパクト直前まで、外転ではなくて内転してしまいます。なぜそのような対処をするかというと、左腕を正しく外転してしまうと、ますます左に飛んでしまうからです。

残念ながら、アウトサイドインの方は、シャフトを立てるレベルに達していないということでございます。

スイングを修正する順番は、

・アウトサイドインによる左への発射をまずはくいとめて(インサイドインの軌道にして)、
・その次にフェースローテーションを行う順番です。

逆に、アウトサイドインを直さずに、シャフトを立ててしまうと、ただただ左に飛びまくるだけで、まったくゴルフになりません。

ゴルフは、変な癖がついてしまうと、なかなか修正するのがたいへんです。

アウトサイドインを直している途中で、出玉が左に行かなくなったとしても、ローテーションが前の逆回転状態のままだと、コスリ球が出まくってどうにもなりません・・・

アウトサイドインの修正前は、なんとかごまかして真ん中に飛ばしていたにもかかわらず、正しいローテーションが出来ないとスライスしまくりでゴルフになりません。

そうなると、「このコーチとは相性が悪い」とかいう話になってw、延々とコスリ球を打ち続ける結果となります・・

やはりゴルフは、ビハインドザボール、インサイドイン、アームローテーション等、一歩ずつ基本をマスターしていくしかないんですよねー。