シャフトを立てるとは?⑧

ベン・ホーガン著『モダン・ゴルフ―ハンディ版』より引用

ベン・ホーガン著『モダン・ゴルフ―ハンディ版』より引用

シャフトを立てる話につきまして、箇条書きで恐縮ですが、まとめでございます。

シャフトを立てるのは、ダウンスイングで行う技術です。

テークバックやフォローでは、特に論点にはならないかと思います(コックしてリコックするだけだからです)。

シャフトを立てるのを、「縦振り」のことと思っている方もいますけれど、ちょっと話が異なります。

スイングプレーンはライ角に依存するので、タテもヨコもありません。クラブごとに一意に決まります。

シャフトを立てるのは、超インサイドアウトの人に有効で、「(P6から)寝てるシャフトを起こしましょう」という話でした。

アウトサイドインの人は、インサイドインの軌道をマスターすることが最優先で、それができてからローテーションを習得しましょう。

シャフトを立てる目的は、ローテーションによって、ヘッドに上向きの力を起こして、引力と釣り合うことで無重力状態を作ることでした。

テークバックでローテーションをしておかないと(左腕を内転しておかないと)、ダウンスイングでシャフトを立てられなくなってしまいます。

最後に、ベン・ホーガンの言葉をもう1度引用します。

『腕の良いゴルファーは皆、左手首を外転させてボールをとらえている。これは鉄則だ』

以上、「シャフトを立てる」話を終わらせていただきます。