右足の蹴り①

2010080409412251c

ゴルフ界で意見がわかれる話に、「右足の蹴り」という論点があります。

意見がわかれると言いますか、
・「右足の蹴り」が重要という方と、
・足の蹴りとか特段意識していない方に分かれております。
・少数派かと思いますが、「左足の蹴り」派もいらっしゃいます(私は「左足の蹴り」派です)。

右足の蹴りというのは、もちろん「サッカーのようなキック」ではなくて、垂直跳びのようなイメージです。

地面を踏みしめて、その反動を利用するような動きです。

地球からの反作用を利用することで、腰(足と股関節でつながっている骨盤)の回転力を増して、それをヘッドスピードの増加に使いましょうという話でございます。

結論といたしましては、すみません、、、まだまとまっておりません(じゃあ書くなよw)。

一応、方向性としては、ワンパターンで恐縮ですけれども、4スタンス理論的に、前足(左足の蹴り)と後足(右足の蹴り)の両者に分かれるのではないかと考えております〜。