コックのキープ

カブトムシのツノのような形をしている器具をクラブにセットして、左手首のコックが、親指側に90度まがってているかどうかを確認する練習器具がございます(スイングガイド)。

カナヅチで釘を打つ際に、なるべく打つ直前まで手首のコックをキープしているのが理想的ですけど、もちろんゴルフスイングも同じでございます。

柔軟性とか個人差があるので、90度にこだわりすぎるのもどうかと思いますが、「限界までタメるとこういう関節の動きになるのか」と、一度確認してみてください〜