振り遅れ④(振り遅れの原因)

手(腕)は、肩のラインまで上がります

手は、ローテーションで右肘が曲がった分だけ、肩ぐらいの高さまで上がります。上体が傾いているので、手が、頭の高さまで来ているように見えるだけです。

昨日の続きです

いきなり結論でございます

アマチュアが振り遅れる根本原因は、テークバックで、手と体が離れてしまうからです。

(「クラブを手で持ち上げているから」というのと同じ意味です)

手が体が離れていると、どのようなスイングになるかというと、、、

・下半身リードでダウンスイングを始めると、腰の回転が先行しますが、

・トップで手と体が離れていると、ダウンで、手が上に残ったままになって、

・そのまま振ると、インパクトに手が下りてくるのが間に合わず、

・腰を止めて、右手で打ちにいくんですよね。

それだと、アウトサイドインのスイングになってしまうので、
手を背中に落として、インサイドからぶん回すという、いつもの展開となります。

アマチュアがスイングを誤解しているポイント

野球やテニスと違って、ゴルフのスイングで誤解している点は、手を上下に動かしていることです。

言葉遊びみたいで恐縮ですけれども、

・手は、「上げる」のではなくて、

・「(受動的に)上がる」だけです。

ゴルフも、野球のバッティングのように打てば(ボディターンを基本に、腕のローテーションでスイングすれば)、止まっているボールを打つのならば、普通、振り遅れることはありません。手と体が離れないからです。

もちろん厳密には、リキんで、手が下りるタイミングが遅れたりすれば、日本シリーズの宮里優作選手の18番ホールのように、ボールが左に飛んでいくこともあります。

それが本当の意味での振り遅れだと思います。

(すみません、明日に続きます・・)