振り遅れ⑤(なんちゃってハンドファースト)

「なんちゃってハンドファースト」。ハーフダウンのグリップエンドの位置はアゴの下になります。

「なんちゃってハンドファースト」。本来、ハーフダウン(P6)でのグリップエンドの位置は、アゴの下にきます。

昨日の続きです

もう1つの振り遅れ

野球の振り遅れとは起きている状況が違うにもかかわらず、ボールが右に飛んでいく現象だけを見て、ゴルフでも「振り遅れ」とよばれる事象があります。

たまに、手だけでハンドファーストを作ろうとしている方がいらっしゃいます。いわゆる「なんちゃってハンドファースト」です。

もともとは、ボールに対して振り遅れているわけではないのに、自分で、振り遅れの形を作っているケースでございます。

ダウンスイングのタメすぎ問題

本物のハンドファーストで打つ場合は、コックを、ハーフダウンぐらいの位置までキープして、あとはボディターンでスイングします。

そうすれば、自動的に、レイトヒットのハンドファーストになるはずです(腰が、アドレス時よりも回転して、手とボールの距離が伸びるから)。

しかし、手元だけを飛球線方向に突き出してハンドファーストを作ろうとすると、ヘッドがインパクトに間に合わなくなります。

手元が、ハーフダウンを過ぎてからは、クラブは、腰の回転に引っ張られて動くのであって、手だけで左太モモの前まで持っていくのではありません。

「なんちゃってハンドファースト」だと、手が、ボールの位置よりも、極端に目標方向に動いてしまいますので、インパクトをしようと思ってもヘッドが間に合いません。

そして、クラブの行き場がつまったような状態になり(ヘッドがインパクトのタイミングに間に合わなくて)、フェースが閉じる時間もなくて、ボールが右に飛んで行くことになります。

プレインパクト(P6 ハーフダウン)から、ボディターンで打ちに行こうという時に、グリップがすでにボール位置を超えていたら(左(飛球線方向)に飛び出していたら)、打ちたくても打てません。

その時点で振り遅れていることになります。

最悪のケースだと、フェースターンが間に合わなくてシャンクも出るし、「なんちゃってハンドファースト」は本当におっかないです。

自分から振り遅れようとしている?

「なんちゃってハンドファーストによる右への打ち出し」は、厳密に言えば、本来の意味での振り遅れとは異なる動き(現象)です(回転運動が遅れているわけではないからです)。

ゴルフは、止まっているボールを打つスポーツなのに、自分からボールにつっこんでいって振り遅れるって、まぬけな話ですよね。

あと、アマチュアの皆さんは、ほとんどの人が、ビハインドザボールができておりません。

ハーフダウン(P6)で、グリップエンドがアゴの下にきた時には、本来、ボールはまだ左(目標方向)にあるはずです(プロはそうなっております)。

matsu01_20131121

しかし、頭が飛球線方向に飛び出して、ボールはアゴの下あたりにあったとしたら、すでに振り遅れていることになります(なんちゃってハンドファーストと同じ状態で、手がボールを目標方向に追い越しております)。

やはり、ビハインドザボールは、ゴルフスイングにおける最重要事項なのであります。

それでは、どうすれば振り遅れずに打てるのか?といった話は、明日に続きます〜