捻転差、側屈(サイドベンド)【ゴルフ超基礎の基礎】

肩と腰の捻転差

ゴルフクラブを手で持ってボールを打つので、普通に考えて、器用な手を使ってボールをまっすぐ飛ばすことに意識がむかいます。

最初に小手先で、ボールをまっすぐ飛ばすことにこだわりすぎると、ゴルフのもう1つの要素である飛距離を得ることが難しくなります。

ボールを遠くにとばすためには、全身の筋肉を使う必要があります。

初心者さんのうちは、全身の筋肉と関節を動かすと、動く部分が多くなるので、正確性が犠牲になります。

だからこそ、身体の動きをとめて、小手先だけでボールを打って、まっすぐ飛ばそうとしてしまいます。

ゴルフを始めた初期の初期のころは、あえて正確性には多少目をつむって、まずは、体全身を使う動きを筋肉に覚え込ませると良いと思います。
ボールを打たないと面白くないという意見は、もちろん分かりますが・・

肩と腰をねじることで、身体の回転運動をおこないます。肩と腰を、「捻る(ねじる)」、「回転の差」と書いて「捻転差(ねんてんさ)」といいます。

捻転差を使った全身運動が、ゴルフスイングの土台になります。

肩と腰を45度ぐらいの角度でねじり、なるべくねじった力がゆるまないようにスイングしてください。

https://youtu.be/bHsAV-lJ8qI

 

肩と腰の捻転差(45度)をキープしながらスイングをしていることを確認してください。