振り遅れ⑥(振り遅れの抜本的な対応策)

tiger01_1209

タイガー・ウッズ

昨日の続きです

■振り遅れの原因

振り遅れの最大の原因は、「テークバックで、手と体が離れること」、、、という話はもういいですよね。

(クラブを手で上げる→体から離れる→下半身リード→手がインパクトに間に合わない、という流れです)

テークバックで「クラブを手で上げないこと」が、振り遅れの抜本的な解決策になりますし、「なんちゃってハンドファースト」も、振り遅れの大きな要因でした。

tiger02_1209

グリップエンドをおヘソの前でキープしながらボディターン

■手で打ちにいくと何が問題なのか?

アウトサイドインの手打ちが癖になってしまうと、ボディスイングが難しくなります。

手打ちで、上半身に力が入ってしまうと、作用反作用の法則で、下半身にブレーキがかかってしまうからです(下半身に、右回転の力が働いてしまいます)。

逆に、正しく下半身リードで振っているときは、下半身の動きを地球が受けとめてくれるので、地球からの反作用でスイングの回転力が得られるわけです。

しかし、「上」半身リードの場合は、地球の代わりを下半身がする必要があるため、下半身に右回転の方向に力が加わってしまいます)。

tiger03_1209

おヘソとグリップエンドの相対的な位置関係は変わりません

■手と体を一体化してスイングするのがポイント

「なんちゃってハンドファースト」を改善するためには、ハーフダウン(P6)からインパクトにかけて、手(グリップ)をおヘソの前あたりにキープしたまま、体(腰)の回転でスイングするのがポイントです。

ハーフダウンあたりまでコックをキープできれば、あとは腰の回転で腕が引っ張られて、自動的にハンドファースト(レイトヒット)になります。

(アドレス時よりもインパクトは腰が回っているから左手とボールの距離が伸びます)。

手(腕)は、ローテーションするだけです。ハーフダウンの位置から左腰の引き込むことで、シャフトが90度左に急激に曲がってヘッドが走ります。

そして、クラブに水平方向の遠心力が加わることで、フェースもスクエアに戻ります。もちろん、フェースをスクエアにするのは難しい技術でございます。

結論といたしましては、振り遅れを防ぐには、テークバックは、手で振り上げないことと、ダウンスイングでコックをためすぎずに、腰の回転でスイングすることであります。

振り遅れの話は、明日で完了予定です