腕組みボディターンドリル【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフは止まっているボールを打つ割には難しいです。

長いクラブで、遠く(地面の上)のボールを、左右わずかな幅の中に飛ばす必要があり、なおかつ、体力MAXの飛距離を出す必要があります。

ゴルフレッスンの方法には色々な考え方があるかと思います。例えば、

・1日千球、毎日ぶったおれるまでボールを打つ派、
・1球ごとに、身体の動きをモーションキャプチャーでとって、ボールの動きをレーダーで測定する派などなど。

おカネと時間に余裕がある方は、井上透さんのスタジオ(トゥルーゴルフアカデミー)に行けば、最新の機材で全球測定してもらえると思います。

普通はそうはいかないと思いますので、地道に基礎からつみあげていく必要があります。

ボールを打たないと練習が面白くないことは重々承知しておりますが、ゴルフは生涯スポーツですので、まずはじっくり身体の動きをマスターされることをおすすめいたします!

今回は、身体の動きを3次元的にとらえるためのドリルです。腕組みした中にクラブをはさんで、きれいな円を描いてください。