シャロースイング(シャローイング)とは? ③

シャローの先生は、五木ひろし

切り返しから、クラブを後ろに倒して振るのが正しいゴルフスイングですけれども、クラブをボールから遠ざけるのは、初心者さんにとってはとても難易度の高い動きです。

後ろ倒しをイメージするための方法としては、五木ひろしさんの右腕の使い方が参考になります。その他、ハワイのアロハの腕の動きなども試してみてください。

初心者さんは、切り返しからクラブをボール(爪先)の方に前倒ししがちです。地面にむかって一直線にクラブを向けると、アーリーリリースになりやすく、ダフリを誘発します。ダウンスイングの「シャフトが地面と水平になる位置」が、どうしても高くなってしまいます。上級者は、股の高さぐらいまでクラブを水平にキープできますが、初心者さんは、みぞおちぐらいの高さで、シャフトが地面と水平になってしまう方が多いです。

切り返しから螺旋階段のようにクラブを後ろから回して、インパクトの直前まで、できるだけタメをキープできるように練習してください!

シャローの練習時にありがちなエラー

切り返しで腕を右にねじる動きは、ドアノブを右に回す腕の動きと同じです。

腕だけをねじれば良いのですが、体の右半身のすべてが右に傾いてしまったり、あるいは、手首と肘がすべて伸びてしまうエラーがよく起こります。

少年野球のバッターなどは、誰に教わるわけでもなく、切り返しで後ろ倒しにバットを操作できます(シャローに打てます)。ただ、野球打ちと同じ打ち方をゴルフで行うと、必ずスライスします。

それを解消するためには、左手首の猫パンチ(掌屈)か、レイトヒットにする必要があります。スライスを小手先で防ごうとして、クラブヘッドでボールをつっつくような操作をしてしまうと、いわゆる手打ちになってしまいますのでご注意ください。

シャローの練習方法

シャロースイングを習得するための練習方法としては、例えば、左手で体温計を振る動きや、タオルをぐるぐる右に回す方法などがあります。左手は利き腕でない方が多いでしょうから、特に練習が必要かと思います。

新しいスイングを習得するためには、フルショットでまっすぐボールを飛ばそうと思っていては、何も変わらないと思います。

スイング改造は違和感との戦いになります。あえて極端な動きをすることで、例えば最初はシャンクがでるのが当然と思うぐらいでちょうど良いと思います。

シャローの練習中にシャンクが出なければ、スイングは何も変わっていない

シャローイングの練習をする際には、まずは野球の流し打ちをするようなイメージを持っていただければと思います。シャンク上等で、右斜め45度に発射しても全然気にする必要はありません。

スイング改造中の練習は、ボールの行方を気にせず、体とクラブの動きに意識を集中してください。

ただ、それだけやっているとゴルフになりませんので、逆に、スイングの事を考えずに、狙ったターゲットにボールを運ぶ練習も忘れずに行なってください。

コースにいったときに、スイングの事を気にしすぎていたら楽しくありませんので、ラウンド時も、シャロー等はいったん忘れて、1打1打に集中してください。

左手の掌屈でフェースを閉じる必要があるが、モーノーマン選手は開いたままである

野球のバッティングとゴルフのシャロースイングは、基本的に同じような身体の使い方をします。ただ、野球のバッティングは、丸い棒を使いますので、構えた面と違う面でボールを打っても全く問題ありません。

しかし、ゴルフにはフェース面がありますので、スクエアフェースでインパクトできるかどうかが大問題となります。

野球と同じように、ダウンスイングでクラブを背中の方から回してくると、フェースが開いてしまいます。ダウンスイングで、シャフトが水平になる時点で、飛球線後方から見てフェースが爪先の方に倒れていることが推奨されます。そのようなフェース面の角度になっていると、スクエアなインパクトが実現する確率が高くなります。

フェースを閉じるためには左手を掌屈する必要があり、その点が野球との最大の違いになります。

ただ、例外としては、モーノーマンという選手がおり、史上最高にボールが曲がらないプレイヤーとして有名なのですが、モーノーマン選手は、ダウンスイング(ハーフウェイダウン)で、フェース面を爪先の方に傾けておりません。その代わりに超レイトヒットすることによって、身体に対して腕とクラブを右側に置いて、スクエアインパクトを実現しております。

上回りスイングで考えると、ハーフウェイダウンでは、フェース面がボールの方を向いていることが必要条件になるかもしれませんが、下回りスイングは、ヘッドでボールをつっつきにいきませんので、ハーフウェイダウンのフェース面については、今ほどこだわらなくなる世の中になるかもしれません。

テークバックはトップで終わらずに、ダウンスイングに入っても、しばらく腕は右にねじり続ける

切り返しから、クラブを背中の方に螺旋階段状に後ろ回しにおろしてくるところが(シャローアウト)、ゴルフスイングの最難関ポイントの1つであり、8の字を描くようにクラブを操作する必要があります。

まずは片手ずつ、タオルをぐるぐる回すところから練習していただければと思います。特に初心者さんは、テークバックで、左腕を右にねじってトップを作ると、今度は逆に、切り返しからすぐに左腕を左にねじり戻してしまう方が多いです。

野球のバッティングをイメージすると分かりやすいかもしれませんが、切り返しからダウンスイングの途中までは、左腕は右にしばらくねじり続けます。

ダウンスイングの途中までおりてきてから、改めて、左腕を左にねじり戻す動きが始まりますので、そのあたりを意識しながら練習してください!