下回りスイング 実例 練習風景(動画)

ゴルフスイングには、流派といいますか種類があります。

上回りと下回りスイングという大きな分類です。

上回りスイングというのは、インパクト前後で、体を正面に向けたままのイメージで、クラブヘッドを右から左に走らせるような打ち方です。

クラブと右肩が離れていくようなスイングです。

下回りスイングというのは、練習器具(イメージシャフト)の開発者さんが命名したスイングです。

・イメージシャフトリンク
http://imageshaft.com/

下回りスイングのざっくりとした定義は、インパクトの前後で、右手が左手の下から回るスイングのことをいいます。

クラブと体の右サイド(特に右肩)が離れずに、目標方向に向かってくようなイメージです。