スライスの原因と対策/腕と体の動きを4パターンに分類する(現状分析)

 

スライスの主な原因は、カット軌道とフェースオープンです。
 
なぜ、カット軌道とフェースオープンになってしまうのか、原因分析をしてまいりました。

例えば、切り返しから手で打ちにいっている、逆パッシブトルクが働いている、手元を加速させると慣性の法則でフェースが開く、ガンマトルク(左手の猫パンチ)について理解していない、、、等々

ここでは、腕や体の動きについて、今一度整理します。

腕の動かし方が2パターン、体の動かし方が2パターンの組み合わせで4種類のパターンがあります。

<腕の動き>
①上回り。右手を左手の上にして、手のひらで上から下にたたきつけるイメージ
②下回り。右手が左手の下になる。シャロースイング。

 

<体の動き>
③クローズ。体を右に向けたままスイングする。
④オープン。体を左に開いてスイングする。


アマチュアの多くは、①上回り③クローズの組み合わせになっております。

プロの多くは、②下回り④オープンの組み合わせです。

アマチュアの多くは、右手を上から下にたたきつけるイメージで振るため(①上回り)、クラブヘッドがアウトサイドインの軌道になります。
ボールが左に行かないように、体を、③のクローズにして(右を向いたまま)スイングしております。

プロは、体全身をターンして回転スピードを出し(④オープン)、クラブをインサイドアウトのイメージでスイングしております(②下回り)。
体の回転方向(左)、クラブが向かう方向(右)の2つの動きが合成されて、ボールがまっすぐに飛ぶイメージです。

 

おそらく90%以上のアベレージゴルファーは、①上回り③クローズの組み合わせになっておりますが、それを、②下回り④オープンにかえるのは、ものすごくたいへんです。

現状のスイングイメージ(①上回り③クローズ)のまま、精度を上げていくのもありだと思いますが、もし、②下回り④オープンのスイングにかえるのであれば、腕と体に分けて、じっくり修正にとりくんでください。

②下回り④オープンのメリットの1つに、アプローチとフルショットを同じスイングイメージで振れる点があり、それはスコアップにつながると思います。