ボール位置1基本的な考え方【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフは自然の中で、あるがままの状態に置かれたボールを、遠くにまっすぐ打つスポーツです。
(もちろん、狙った飛距離に打つことも大切で、あえてボールを曲げることもあります)

今回は、ボールに対してどこに立つべきか?、という話をさせていただきます。

基本的な考え方として、ゴルフは、クラブを手で持って、円運動でボールを打ちますので、円運動の中心(背骨)の真っ正面にボールを置くのが大原則となります。

クラブを振る時に、単純に回るだけではなくて、体重(重心)を左右に動かすことによって、力をよりボールに伝えることができます。

ボールを遠くに飛ばす時には、できれば左右の足幅(スタンス)を広げた方が有利です。

スタンス幅を広げる時には、右足の方を広げていくのが基本的な考えになります。

ボールの真っ正面(鼻の延長線上)に立つのが基本ですけれど、クラブの種類によって若干ボールの位置が変わってきます。

クラブが長くなると、ややボールが左にきて、一番長いクラブ(ドライバー)になると、左足のカカトの内側ぐらいにボールをセットするのが標準的な考え方となります。

詳しくは。ぜひ動画をご覧ください。